FFmpegでビデオをリサイズ オプションの指定順に注意

FFmpegを使ってあるビデオを幅100高さ100にリサイズしたい場合、このように指定してもエラーになってしまう。

ffmpeg -s 100x100 -i {入力ビデオのパス} {出力ビデオのパス}

Option video_size not found.

FFmpegは、オプションの指定順に意味があり、上記の方式だとサイズ指定がないと解釈されてしまうのだ。

ffmpeg -i {入力ビデオのパス} -s 100x100 {出力ビデオのパス}

このように、幅100高さ100の指定を入力ビデオのパスの後に移動すれば、リサイズ指定として解釈してくれる。

ffmpeg -i {入力ビデオのパス} {出力ビデオのパス} -s 100x100

このような指定もダメで、リサイズ指定が効かない。