Laravelログをエラーログに統一したい

\Log::info('log');

Laravelでこのようにログ出力した場合、デフォルトではプロジェクトディレクトリのstorage/logs以下に出力される。

config/app.phpのLogging Configurationに、’log’ => env(‘APP_LOG’, ‘single’)が指定されているからだ。

error_log('error log');

このように書いた場合、phpの設定ファイルphp.iniに指定された、error_logディレクティブのパスに書き込まれる。

error_logディレクティブは、デフォルトでは指定されておらず、その場合Apacheのエラーログ/var/log/httpd/error_logに出力される。
※WebサーバーがApacheの場合

このerror_logに、Laravelのログも出力したい場合、どうすればよいか?

1つは、config/app.phpのLogging Configurationで、’log’ => env(‘APP_LOG’, ‘errorlog’)の指定をすることで実現できる。