Macの容量が足らない! 重い不要ファイルを削除しよう

Macを使っていると、知らぬ間にストレージが足らなくなってしまうことがある。

そんな時確認したいファイル・フォルダを紹介しよう。

システム診断情報のキャッシュ

/System/Library/Caches/com.apple.coresymbolicationd/data

このファイルは、プログラムのクラッシュ時に容量が増えていく。

場合によっては、数10GB〜まで膨れ上がっていることがあるので、削除してしまおう。

まずは、「ターミナル」アプリを起動する。

容量の確認は、以下のコマンドで行う。

ユーザーのパスワードを聞かれるので、入力しよう。

sudo du -sh /System/Library/Caches/com.apple.coresymbolicationd/data

削除は、以下のコマンドで行う。

ユーザーのパスワードを聞かれるので、入力しよう。

sudo rm /System/Library/Caches/com.apple.coresymbolicationd/data

※上記の削除コマンドは、ファイルを削除する。ファイルパスの指定を間違わないように、くれぐれも注意して慎重に行うこと。

iOSデバイスのバックアップファイル

iPhone、iPad、iPod touchなど、iOSデバイスのバックアップをMacに作ると、バックアップファイルができる。

iTunesを開いて、「環境設定 / デバイス環境設定 / デバイス」を選択すると、
デバイスのバックアップに、一覧が表示される。

不要なバックアップは削除してしまおう。

バックアップを選択した上で「バックアップを削除」ボタンを押せば削除できる。

ファイルとしては、以下に格納されている。

 ~/Library/Application\ Support/MobileSync/Backup

iOSごとのシンボルファイル

MacをiOSデバイスと接続した際に生成されるファイルで、OSごとに別のフォルダに分かれている。

~/Library/Developer/Xcode/iOS\ DeviceSupport

フォルダ一覧の確認は、以下のコマンドで行う。

ls -l ~/Library/Developer/Xcode/iOS\ DeviceSupport

11.1.2 (15B202)
10.3.2 (14F89)
10.2.1 (14D27)
10.2 (14C92)
10.0.1 (14A403)

古いOSのファイルについては、削除してしまおう。

容量の確認は、以下のコマンドで行う。

du -sh ~/Library/Developer/Xcode/iOS\ DeviceSupport/10.2\ (14C92)

削除は、以下のコマンドで行う。

rm -rf ~/Library/Developer/Xcode/iOS\ DeviceSupport/10.2\ (14C92)

※上記の削除コマンドは、指定されたフォルダ以下のファイルをすべて削除する。パスの指定を間違わないように、くれぐれも注意して慎重に行うこと。

Androidのシステムイメージファイル

~/Library/Android/sdk/system-images/

AndroidのSDKをインストールすると、上記ディレクトリにSDkごとのファイルができる。

不要なSDKは削除してしまおう。

SDKフォルダ覧の確認は、以下のコマンドで行う。

ls -l ~/Library/Android/sdk/system-images/

容量の確認は、以下のコマンドで行う。

du -sh ~/Library/Android/sdk/system-images/android-21

削除は、以下のコマンドで行う。

rm -rf ~/Library/Android/sdk/system-images/android-21

カテゴリー: