MacからWindowsへのリモートデスクトップで、キー配列が英語キーボードになる問題の解決法

Macで、リモートデスクトップクライアントを使ってWindowsに接続すると、キー配列が英語キーボードになってしまいとっても困る。

Webで検索すると、Windowsのキーボードドライバを更新する方法やレジストリを書き換える方法が見つかるが、いずれも効果がない。

リモートデスクトップクライアントのベータ版を使うと解決するという記事もあるが、これも効果がない。

Parallels Clientを使うことで、日本語キーボード配列にすることができる。

ただしParallels Clientを使っていても、同じWindowsに別のクライアント(リモートデスクトップクライアントのベータ版など)で接続するクライアントがいると、そちらの接続セッションの影響で英語キーボードになる現象がある。

またParallels Clientはバージョン16.2.3(build 19419)においては、まだファイルの転送機能がなく、その点ではリモートデスクトップクライアントに頼らざるをえない。今後の機能追加に期待。